· 

石の形

 

<丸型>

 丸は三次元では「球」二次元では「円」となり、球は始まりもなければ終わりもない完全な宇宙を象徴する形として、古代よりいろいろな場面で活用されてきました。

古代ギリシャのアポロンの神殿が円形で、謎の大陸とされるアトランティスの王都も、同心円状の構造で建設されていたと言われています。

アイルランドの巨大な墓石には、同心円状の波紋が刻まれています。魔術でしばしば使われる「魔方円」もそうです。

円形の輪が描かれ、その中で術を行う魔術師に悪霊を奇せ付かない結界として用いられてきました。

つまり、丸にはネガティブなパワーの流入をブロックし、プラスのエネルギーの流出を遮断するといった、理想的な護符の役割が備わっているのです。

 

 --------------------------------------------

 <四角形>

 「丸と四角」と言うように、4辺で構成される四角形は、丸の対極にある形として存在します。

丸が宇宙、すなわち天と神を象徴するのに対し、四角は地上と人間を表す図形として認識されています。

丸天井の下に四角い御堂をもつ西洋の寺院建築です。

自然界に目を向ければ、この「4」という数字にまつわる事象は数多くあります。

人の手足の合計、春夏秋冬の季節の区分、東西南北の方向区分等々、聖書や神話の世界に目を移せば、4大○○

という区分表現が頻繁につかわれています。

ミカエル、ガブリエル、ウリエル、ラファエルの4大天使など、枚挙にいとまがありません。

4で構成させる四角には、大地と自然界を明確に区分する確かな安定感が感じられます。

パワーストーンや宝石が四角形にカットされたものには、この安定感を促進させるパワーが備わっています。

迷ったり、自信をなくしたときには、ぜひ四角にカットされた石と親しくなってください。

 

 --------------------------

<三角形>

1点でも2点でも図形はできませんが、3点あってはじめて平面を持つ図形が成り立ちます。三角形は多角形の最小単位。カタチあるものの基本は三角形というわけです。

三角形に宿るパワーとはどんなものでしょうか。

▲のような正位置の三角形には、火、山、神、無限といった男性的なエネルギーが宿るとされている。

▼のような逆三角形には、水、月、冥界といった女性的なエネルギーが宿るとされている

三角形にカットされたパワーストーンや宝石を身につけると、男性らしさ、女性らしさが活性化されます。

その人が潜在意識に持っていた能力が発揮されるようになるのです。自分の中にある隠れた能力を開花させたい方におすすめです。

 

--------------------------

<星型>

 

六芒星は正三角形の正位置と逆位置を重ねたもの。「ヘキサグラム」「ダビデの星」「ソロモンの紋章」とも言われています。西欧では頂点から順に時計回りに、土星、木星、金星、月、水星、火星、中央が太陽に対応するとされ、大宇宙を表します。魔を除き、幸運を呼ぶ形です。

一方、5つの頂点を持つ五芒星は一筆書きができる星型。これも洋の東西を問わず魔除けの呪符とされています。

日本では陰陽道の安部清明が護符として用いたことで有名です。

 

----------------------------

 <ピラミッド型>

 底部が正方形で、その四辺に接した4面の三角形が頂点で交わるようにできた四角錘です。

サイズの異なる正方形が、無数に重なっているという見方もできます。

この四角錘という形がもつエネルギーの集積機能により、石そのものが持っているパワーが増幅されます。

そのためピラミッド型に成形された石とのコミュニケーションが成立すれば、強力な味方となります。

特に期待できるのは、健康運と厄除け

生あるものに長寿を、死者には魂の永遠を約束してくれる高次なエネルギーといえます。

したがって病気や事故などの身体に危険を及ぼす厄から、身を守ってくれるものとも考えられます。

ピラミッド型のパワーストーンを書斎や寝室に置き、心の中で話しかけたり、手のひらに乗せたり手をかざしたりしましょう。石から伝わるエネルギーが肉体を守り健康を保ってくれるようになります。そしてきっと日々の生活が、明るく生き生きしたものへと変わっていくはずです。

 

----------------------

<ハート型>

 「heart」という英語を辞書で調べてみますと、「心臓」「こころ」「情」「愛情」「勇気」といったものを指しています。

「胸に手を当てて考える」という動作からも、人は「心臓」に「こころ」があると考えており、また「こころがある人」というように、「こころ」は「良心」や「愛情」とも同義語として認識しています。

パワーストーンにおけるハート型とは、心臓という臓器を表したものというより、人の「こころ」にある「良心」や「愛情」からは「善良な愛」が生まれます。「善良な愛」は「純粋な愛」でもありますから、ハート型にはきわめて純度の高い愛のエネルギーが宿っていると考えられます。古今東西、ハート型が恋愛成就のお守りとして使われるゆえんです。

 

--------------------------------

<クロス型>

 「クロス」は「十字架」を意味するため、キリスト教的でちょっと抵抗があるという方もいらっしゃいます。

でもこのクロスは、キリスト教を信仰する方だけのものではないのです。

二本の直線が直角に交わるクロスという型は、太古の昔から人々にとって宇宙的な象徴であったのです。手を広げ、天を仰ぎ、大地に立つ人間の姿を連想し、そこに天と地を結ぶ宇宙エネルギーを感じとるクロスを身につけると、宇宙エネルギーとつながり、自分の想いを天に伝えることができると信じられるようになりました。

 

--------------------

<卵形>

 卵は柔らかで素敵な形をしていますね。卵型は世界中でシンボルに用いられ、その意味も多様。

生命の誕生、あるいは原初の萌芽という意味です。

卵型には生命力、復活、潜在能力が秘められていることから、卵型の石やアクセサリーを身につけたり、身近に置くと「発展」「飛躍」「再チャレンジ」のパワーがもらえるとも信じられています。卵の風習としては、キリストの復活際につくられる彩色した卵「イースター・エッグ」が有名です。

オーストラリアには、聖木曜日(復活際前の木曜日)に産み落とされた卵を土の埋める習慣があります。

これは「魔除けの卵」と言われ、災難を避けるパワーがあるとのことです。

 

--------------------------

 <勾玉形>

「勾玉」は「古事記」のころには、「曲玉」と表記されていました。

「曲がる」というのはあまりよい意味ではないため、「勾玉」(日本書紀)に書き換えられたとも言われます。

勾玉の独特な形は、元をたどると熊や猪の歯に穴を開けたものから発展したとか。

その形の意味には「胎児説」「三日月説」「腎臓説」などがあります。

注目したいのはこの勾玉が、天皇のしるし「三種の神器」のひとつであることです。

縄文時代、古墳時代の遺跡からも、勾玉は出土しています。

大昔の人々は末永い繁栄と魔除けのパワーを期待していた証拠だといってよいでしょう。

現在、一般的に販売されている勾玉は、「繁栄」や「魔除け」を基本としながら、より広い意味での「お守り」として扱われています。なかでも水晶やアメシスト、ローズクォーツ、ジェダイトなどでつくられた勾玉は、大変人気の高いパワーストーンです。

 

------------------------

<三日月型>

 月は日々姿を変え私たちを楽しませてくれる地球の唯一の衛星です。

三日月は新月から三日月の月齢3の月です。弓形の月は、見るからに優雅でロマンティックですね。

ブライダルブーケ(クレッセント)やペンダントには欠かせないシンボル的な「形」です。

「三日月」のパワーはギリシア・ローマの伝説では、三日月は「純潔と誕生」の象徴とされています。

三日月のアクセサリーを身につけ、願い事をすると、清らかな出会いがあったり、物事を爽やかにスタートできるとされています。

 --------------------


原画メアリー龍体文字販売
龍体文字販売
メアリーアートオリジナルデザイン
ボトル、ペーパーバック、ボックス