· 

どのように思い込みを変えるか

(シーターヒーリング ヴァイアナ・スタイバル 抜粋)

 

顕在意識はワープロになぞらることができます。私たちの日常生活において様々な意志決定を行うのです。

潜在意識の思考パターンに向けて処理すべきタスクを送り、潜在意識の実行ぶりを観察し、他に実行する必要があることを決定するのです。顕在意識が占めているのは、人間の意識のわずか12パーセントと見られています。あなたの意識が思い込みとして知覚しているものは、潜在意識が信じているものと全く一致しているわけではないのです。「自分の潜在意識には豊かさやお金に対する制限が全くない」とあなたはお考えかも知れません。

しかし、潜在意識の内部に様々な制限事項があるということ、さらに言えば、あなたの存在に関する他のあらゆるレベルで制限があるということを、顕在意識は理論的に理解できないのです。

顕在意識のすぐれた特質は、素早く善悪の判断ができるということです。これは潜在意識にはできないことなのです。

また、脳内に残すべき情報の取拾選択も顕在意識がある程度のところまで行います。

顕在意識はコンピューターのハードドライブのような役割を担います。

私たちのあらゆる記憶、癖、思いこみ、人格、セルフイメージから成り、肉体の自律神経機能を制御します。

潜在意識は情報の保管場所とタスクを実行する仕事場を兼ねています。

また、心臓の鼓動のように意識的に考える必要のない「事前に組み込まれた指示」もこの潜在意識に含まれています。

潜在意識は人間の意識の88パーセントを占めると推定されています。ということは、もしも思いこみのひとつに好ましくないものとして認識していたら、あなたの12パーセントが他の88パーセントを変えたがっているということなのです。

何かを変えようという意思決定は、まず顕在意識でなされます。

この意志決定は、現存する思いこみの数々のある場合において相反するものになるでしょう。

肉体はコンピューターでいえばプログラミングに応答するようにセットアップされたハードウェアにあたります。

日々の一瞬一瞬、あなたの体は潜在意識から自動的に送られてきたプログラミングに応答しているのです。

しかし、肉体は独自の知性を持っていることを示す証拠が存在しています。

実験で細胞をある栄養素のそばにさらすと、細胞はその栄養素を引き寄せ、逆に有害物質を与えると細胞はそれを避けたのです。

顕在意識は新しい行動と習慣の合わせて潜在意識をプログラムすることができます。

この能力は私たちの中に組み込まれているのです。

歩き方や話し方は誰に教わったわけでもないでしょう。

こうした「自己学習」の成果は、非常に幼い年代のうちに直観的なプロセスを通じて獲得されるのです。

残念ながら、成長の過程でもはや役に立たない古い習慣のこだわり過ぎて、この直観的な自己学習能力を忘れ去ってしまう人が多い思い込みへの働きかけは行動を変えるための手段なのです。

本来、行動や言動には肉体的、精神的、あるいは霊的な側面があると言えます。

思い込みを変える最良の方法には、一つには天真爛漫さを取り戻すことが挙げられます。

子供の頃の脳波パターンは、新しい情報を受信して受け入れることに寛容です。

シータ状態にあることが重要なのは、この脳波が成長と変化の周波に潜在意識を戻すことができるからなのです。

シータ波は積極的で前向きな変化にむけて人の意識を開放し、考え方や精神状態を子供の頃の純粋無垢な状態に戻すのです。

セラピストがクライアントの信念体系を変えることに難しさを感じる理由は、彼らが直積的に戻すのです。セラピストがクライアントの信念体系を変えることに難しさを感じる理由は、彼らが直接的に戻すのです。

セラピストがクライアントの信念体系を変えることに難しさを感じる理由は、彼らが直接的に潜在意識にアクセクできないことにあります。

思い込みへの働きかけは私たちをさらに一歩先に進ませてくれます。

潜在意識を超えて霊的領域にまで達するように思い込みの変化を起こす能力をもたらしてくれるのです。

 

 

 

原画メアリー龍体文字販売
龍体文字販売
メアリーアートオリジナルデザイン
ボトル、ペーパーバック、ボックス