シータ状態

(シータヒーリング 抜粋)

 

脳波にはそれぞれに異なる周波数を持った5つの種類があります。

ベータ、アルファ、シータ、デルタ、ガンマです。

脳は一貫してすべての周波数を発しているので、これら5つの脳波は常に稼働しています。

あなたの言動はこういった様々な脳波にコントロールされています。

ひとつの脳波の状況により優勢になります。

 

ベータ

考えたり会話をしたりコミュニケーションをしている時、人の意識はベータの状態にあります。

ベータ波は14〜28ヘルツ(サイクル毎秒)の周波数を持っています。

ベータの時、人は活動的で敏感な状態にあります。

 

アルファ

アルファはベータとシータをつなげる橋渡し役をします。アルファの状態では人の脳は7〜14ヘルツの周波数で活動しています。

アルファ波はとてもリラックス状態であり、瞑想をしている時のような状態と言えます。

この周波数でうまく機能しない人は、物事を記憶することに問題を抱えているはずです。

睡眠中に見た夢や体験した瞑想が強烈なものであることはわかっていても、そのこまかい内容まで思い出せない場合は、アルファの周波が充分に発生していないために、潜在意識と顕在意識をつなぐ橋渡しがない状態なのです。

 

シータ

シータはとても深くリラックスした時の状態です。

睡眠療法で用いられるとともに、睡眠時に夢をみている時もこの状態です。

脳波は4〜7ヘルツまで周波数が下がっています。

聖人は何時間も瞑想を続けてこの状態に達し、完全に平静な精神状態を手にいれるのです。

シークレットの脳波は潜在意識だと考えられ、この精神領域は意識と潜在意識の間にあたります。ここでは記憶と感覚が保持されます。さらには人の物事に対する態度や思い込み、行動も支配します。

シータ波が活発な時、人は常に創造力とインスピレーションに満ちていて、非常に霊的な感覚が強い状態にあるちと言えます。

この状態は、人の潜在意識下での活動を活発化だせると考えられています。

シータは睡眠中に見る夢の初期化段階です。

この時の精神状態はある山の頂上にたって4、周りの景色に完全に没頭している状態を思いうかべて頂ければよいかと思います。

その瞬間に実感すりのは、神が実在すりということが間違いなく「わかる」という経験をしていりことです。神が「存在する」ということが、ただわかる。その瞬間、人はシータ状態にいます。

シータ状態にアクセスして創造主に呼びかけると、人はすべてなるものの創造主につながって 瞬間的に人をいやせるようになるのです。

クラウン・チャクラを通って頭上を上昇していく自分自身姿を想像している間は、脳はまだアルファ波の上昇にあることが脳波計からわかります。

しかし、クラウンチャクラを通貨する際に、上昇して神を探し求めている場面を集中して想像すると、脳がひとりでに純粋なシータ状態に変化することが脳波計からわかりました。

 

デルタ

デルタの精神状態は人が熟睡している時に起きます。デルタでは脳波は0~4ヘルツまで周波数が減速しています。電話が鳴った時に直感的にそれが誰からなのかが「わかっている」時に使われているのがこの脳波です。

 

ガンマ

ガンマの脳波は人が情報を学習し、解析している時の状態です。

ガンマ波はベータエンドルフィンの分泌をうながし2ます。知覚や意識といった高次な精神活動とかかわりがあるようです。ガンマの時周波数は4〜5000ヘルツを脳波が指している可能性があります。

 

科学では特定の脳波(特にアルファ、シータ、さらにシータ-ガンマの状態)に以下の特徴あることが判っています。

☆ストレスを軽減させ、不安を長時間にわたって大幅に減少させる。

☆肉体の深いリラクゼーションと知覚の明晰化を促す。

☆言語能力と言葉のIQ上昇

☆左脳、右脳を調和的に活動させる。

☆鮮やかで創造力に溢れた独創的な考えが自然発生に浮かぶ。痛みを軽減する。幸福感を増幅させる。

エンドルフィンの分泌を促す。

 

 

思考パターン

(シータヒーリング ヴァイアナ・スタイバル 抜粋)

 

思考パターンの働きかけは、人が潜在意識の世界に直接アクセスすることを可能にし、潜在意識の中で思い込みを変えることを可能にしてくれます。

体験したことにどのような対応をするかは意識に与えられた情報と意識がそれをどう受け取り解釈するかに左右されます。

思い込みが肉体や精神や魂に現実のものとして受けいられると、思考パターンに姿を変えるのです。

思考パターンは毒にも薬にもなり得るもので、その内容と私たちがそれにどう反応するかによって結果は変わってきます。

多くの人は人生の大半を、成功できない、という隠れたプログラムに従って生きています。

思考パターンへの働きかけはこれからの後ろ向きな思考パターンを消去し、すべてなるものの創造主がもたらしてくれる前向きで有益なパターンに取り換えへ能力を授けてくれるのです。

思い込みのレベル

人の内面には4つの思い込みのレベルがあります。

核となるレベル

核となる思い込みは、今生の幼少期に教えられたものを受け入れて、すでに自分を構成する一部となったものを指します。

これらの思い込みは脳の前頭葉にエネルギーとして留められています。

遺伝的レベル

このレベルは、先祖代々受け継がれた思考パターン、あるいは今生で遺伝的に書き加えられた思考パターンです。

これらの思い込みは肉体のDNA周辺にある形態形成場に貯蔵されるエネルギーです。

この知識を蓄えた「場」はDNAの構造(システム)に伝えます。

歴史的レベル

このレベルは過去生の記憶や遺伝子の奥に眠る記憶、あるいは人類が現代に持ち込んだ集合意識体験に関連しています。

これらの記憶は人のオーラ・フィールドに存在します。

魂レベル

 このレベルは個人の「その人であるすべて」を示します。

このパターンは、ハート・チャクラから開始して、個人の「その人であるすべて」から外側に向けて引き抜きます

エネルギー・テスト

特定の思い込みや思考パターンの有無を確かめるために、思い込みの4ちのレベルにおいて思考パターンをテストできるように開発されたある簡単な方法があります。「筋肉反射テスト」という方法です。筋肉反射テストは、運動生理学(キネシオロジー)の分野において診断に使用されている伝統的な方法に起源があります。

伝統的なキオシオロジー

これは人の動きを科学的に研究する学問分野です。キネシオロジーは、人体解剖学や生理学、神経科学、生物化学、生体力学、運動心理学、そしてスポーツ社会学の要素を含みます。動きの質と人間の健康全般との関係性も研究します。キネシオロジーの情報は理学療法や作業療法、カイロプラクティック、整骨療法

、運動生理学、マッサージ療法、人間工学、さらに運動選手の指導といった分野にも応用されています。

応用キネシオロジー(AK

これは診断用キネシオロジーの関連した疑以科学とみなされています。

身体の持つ資質に対して意図的に行動修正をもたらす方法です。

応用キネシオロジーを実践している人は、正しく応用すれば、筋力検査をはじめとする応用キネシオロジーの検査の結果によってクライアントのとって最もふさわしい療法が決定できると証言しています。

応用キネシオロジーは代替医療の形式のひとつであるため、人間の動きとその応用を科学の視点で研究する学術的な運動生理学とははっきりと区別されます。

 

 

どのように思い込みを変えるか

(シーターヒーリング ヴァイアナ・スタイバル 抜粋)

 

顕在意識はワープロになぞらることができます。私たちの日常生活において様々な意志決定を行うのです。

潜在意識の思考パターンに向けて処理すべきタスクを送り、潜在意識の実行ぶりを観察し、他に実行する必要があることを決定するのです。顕在意識が占めているのは、人間の意識のわずか12パーセントと見られています。あなたの意識が思い込みとして知覚しているものは、潜在意識が信じているものと全く一致しているわけではないのです。「自分の潜在意識には豊かさやお金に対する制限が全くない」とあなたはお考えかも知れません。

しかし、潜在意識の内部に様々な制限事項があるということ、さらに言えば、あなたの存在に関する他のあらゆるレベルで制限があるということを、顕在意識は理論的に理解できないのです。

顕在意識のすぐれた特質は、素早く善悪の判断ができるということです。これは潜在意識にはできないことなのです。

また、脳内に残すべき情報の取拾選択も顕在意識がある程度のところまで行います。

顕在意識はコンピューターのハードドライブのような役割を担います。

私たちのあらゆる記憶、癖、思いこみ、人格、セルフイメージから成り、肉体の自律神経機能を制御します。

潜在意識は情報の保管場所とタスクを実行する仕事場を兼ねています。

また、心臓の鼓動のように意識的に考える必要のない「事前に組み込まれた指示」もこの潜在意識に含まれています。

潜在意識は人間の意識の88パーセントを占めると推定されています。ということは、もしも思いこみのひとつに好ましくないものとして認識していたら、あなたの12パーセントが他の88パーセントを変えたがっているということなのです。

何かを変えようという意思決定は、まず顕在意識でなされます。

この意志決定は、現存する思いこみの数々のある場合において相反するものになるでしょう。

肉体はコンピューターでいえばプログラミングに応答するようにセットアップされたハードウェアにあたります。

日々の一瞬一瞬、あなたの体は潜在意識から自動的に送られてきたプログラミングに応答しているのです。

しかし、肉体は独自の知性を持っていることを示す証拠が存在しています。

実験で細胞をある栄養素のそばにさらすと、細胞はその栄養素を引き寄せ、逆に有害物質を与えると細胞はそれを避けたのです。

顕在意識は新しい行動と習慣の合わせて潜在意識をプログラムすることができます。

この能力は私たちの中に組み込まれているのです。

歩き方や話し方は誰に教わったわけでもないでしょう。

こうした「自己学習」の成果は、非常に幼い年代のうちに直観的なプロセスを通じて獲得されるのです。

残念ながら、成長の過程でもはや役に立たない古い習慣のこだわり過ぎて、この直観的な自己学習能力を忘れ去ってしまう人が多い思い込みへの働きかけは行動を変えるための手段なのです。

本来、行動や言動には肉体的、精神的、あるいは霊的な側面があると言えます。

思い込みを変える最良の方法には、一つには天真爛漫さを取り戻すことが挙げられます。

子供の頃の脳波パターンは、新しい情報を受信して受け入れることに寛容です。

シータ状態にあることが重要なのは、この脳波が成長と変化の周波に潜在意識を戻すことができるからなのです。

シータ波は積極的で前向きな変化にむけて人の意識を開放し、考え方や精神状態を子供の頃の純粋無垢な状態に戻すのです。

セラピストがクライアントの信念体系を変えることに難しさを感じる理由は、彼らが直積的に戻すのです。セラピストがクライアントの信念体系を変えることに難しさを感じる理由は、彼らが直接的に戻すのです。

セラピストがクライアントの信念体系を変えることに難しさを感じる理由は、彼らが直接的に潜在意識にアクセクできないことにあります。

思い込みへの働きかけは私たちをさらに一歩先に進ませてくれます。

潜在意識を超えて霊的領域にまで達するように思い込みの変化を起こす能力をもたらしてくれるのです。

 

 

 


原画メアリー龍体文字販売
龍体文字販売
メアリーアートオリジナルデザイン
ボトル、ペーパーバック、ボックス